まん延防止等重点措置も解除されましたので、約1年半ぶりに「おもてなし料理コース」を用意致しました。謹んでご案内させていただきます。
なお前日までの予約制となります。感染防止対策の為、ランチ・ディナー共2組のみとさせていただいていますので、どうぞお早目にご予約ください。
皆様のご来店をお待ちしています。

~期 間~  
令和4年5月27日(金)~ 6月19日(日)
前日までの要予約
お一人様 5,400円 税含む

【魚介の前菜盛り合わせ5品】
・海の幸のサラダ
・穴子のバルサミコ酢風味
・本マグロのゴマ風味のタタキ
・シマアジの燻製
・帆立貝柱とセロリ人参のマリネ

【フジッリ アラビアータ(ピリ辛トマトソース) 又は 七つの丘(トマトバジリコソース)】
イタリア料理の基本であるトマトソースを使った王道のパスタ料理。オリーブオイル・にんにく・赤唐辛子・トマトソース・パセリのみじん切りだけで作ります。アラビアータとは怒っているという意味でマンマが機嫌の悪い時はより辛くなるとか・・・見た目には地味な料理ですけど個人的にも好きなパスタ料理なのでメニューに加えました。ペンネで合わす事が多いのですが、今回は一番ソースが絡みやすいフジッリ(らせん状のショートパスタ)でお出しします。辛い味が苦手な方は、トマト・バジリコ・アンチョビ・ケッパー・黒オリーブで作った七つの丘のソースに変更できます。

【ジャガイモのニョッキ ゴルゴンゾーラチーズとフランボワーズのクリームソース】
ニョッキとは、ボイルしたジャガイモを裏漉し、卵・薄力粉・パルミジャーノレッジャーノチーズを加え、練り上げて棒状に伸ばし、一口大に切り揃えたパスタの一つ。金曜日はニョッキの日と言われるほど、ニョッキはローマでもよく食されています。今回はゴルゴンゾーラチーズと少し酸味と甘みのあるフランボワーズ(木苺)を約半々で合わせてピンク色のクリームソースにしました。

【肉料理】
今回は、 牛フィレ肉グリル、骨付き仔羊肉グリル、鴨胸肉ロースト、イタリア産仔牛のカツレツ ミラノ風と4種用意しましたので、ご予約の際にお尋ねして食材を選んでもらうスタイルにしてみました。「牛フィレ肉グリル」と「骨付き仔羊肉グリル」に関しては、「赤ワインソース」 又は「レモンと粒マスタード添え」のどちらかも選んでください。

【カッサータ】
シチリア島のセミフレッド(半解凍の冷菓)のデザートです。
ベースはマスカルポーネチーズと自家製リコッタチーズと生クリーム。その中にドライ白イチジク・キャラメリゼしたスライスアーモンド・マルサラ酒に浸したレーズン・ハチミツを加え、スポンジを敷いた型に入れ、スポンジで蓋をして冷凍庫でしっかり固めます。食べる1時間前に冷蔵庫に移し、半解凍の硬さで召し上がってもらいます。フルーツ・ヨーグルトソース・アングレーズソースを添えて。