リストランテ チェレスティーナ 豊中市本町6丁目8-9 TEL06-6855-8617

初夏のおもてなし料理コース2019

  • HOME »
  • 初夏のおもてなし料理コース2019

2019初夏のおもてなし料理コース_ページ_1

 

【 前 菜 】
ブッラータ(フレッシュチーズ)とパルマ産生ハムの小さな野菜添え

南イタリア、プーリア原産のブッラータ。水牛のモッツァレラチーズで作った袋の中に、細かくしたモッツァレラと生クリームを混ぜたものをたっぷり入れて、巾着の様に口を閉じて作られる。
“ブッラータ”とはイタリア語で「バターの様な」という意味。
水牛で作られる為、脂肪分が高くミルクの風味が濃厚なフレッシュチーズです。
一緒にパルマ産生ハム、トマト、ボイルした小さな野菜とベビーリーフなどを添えた一皿です。

【 パスタ 】
ストロッツァプレーティのおばあちゃん風

ストロッツァ=絞め殺す、プレーティ=神父、というちょっとおぞましい意味があります。
地域によって少し変わった名前で呼ぶことはイタリアではよくある話です。
一説には神父さんも慌てて食べて喉を詰まらすぐらい美味しいとか、パスタを作るときに両手で丸めるのが首を絞めているようだとか、教会の悪口はおおっぴらに言えないので、神父が喉に詰まらせたらなどの気持ちを皮肉ったとか…説はいろいろと….。パスタの配合も昔々まだ卵が貴重だった時代には、水と塩とオリーブオイルと小麦粉で作られていましたが、今回は卵を入れて強力粉、セモリナ粉を半々の配合で作りました。幅6~8cmのきしめん状のパスタを手のひらを使ってねじって形作ります。ソースの材料は、オリーブオイル、ニンニク、自家製ベーコン、なすび、トマトソース、パルミジャーノチーズといった、どの家庭にもある食材。家族が会社や学校に行っている間に、おばあちゃんがふっくらした手で昼食を作ってくれる、北イタリア、エミリアロマーニャ州の家庭料理です。

【 肉料理 】
ホロホロ鳥のディアーボラ風
(ニンニク、ローズマリー、カイエンペッパーのピリ辛オイル添え)

フランス、メーヌエロワール産の骨付きホロホロ鳥のもも肉を使います。ディアボラとは小悪魔という意味。
まずもも肉をニンニク、ローズマリーノ、オリーブオイルでマリネしてからグリル板の上にのせ、その上にアルミホイルを巻いたレンガをのせて押し付けるようにしてカリッと両面焼き上げます。
イタリア料理らしいシンプルな豪快に味わう郷土料理です。別にニンニク、ローズマリーノ、カイエンペッパーで作ったピリ辛オイルを添えますので、お好みでかけてください。
レンガを押し付けて焼いたり、骨付きの肉を手でもって食べる様子や、ピリ辛の味付けなどから、小悪魔を連想させるようです。

【 デザート 】
桃のコンポート 牛乳のシャーベット添え

白ワインをベースに桃のコンポートを作り、できたスープに少量のゼラチンを加え、柔らかいゼリー状にして器に盛り、牛乳のシャーベット、桃のコンポートの角切りを盛りつけた初夏のデザートです。

☆カーナビで電話番号検索した場合は、旧住所が案内される場合がありますので住所で検索下さる様お願いします。 TEL 06-6855-8617(要予約) 定休日 毎週火・水曜日(定休日でも場合により営業致します)

レストラン チェレスティーナ

TEL 06-6855-8617(要予約)カーナビで電話番号で当店を検索した場合は、旧住所(中桜塚)案内されるか、見つからない場合がありますので住所豊中市本町6-8-9)で検索下さる様お願いします。
■大阪府豊中市本町6丁目8-9 (阪急豊中駅より徒歩10分 梅花学園前バス停近く)
●営業時間 11:30~14:00(L.O.)閉店14:45 17:30-21:00(L.O.)閉店22:00
●定休日 毎週火・水曜日
※ただし、ご飲食代金がランチタイム2万円、ディナータイム3万円以上で、料理内容を決めてもらえれば、定休日でも営業できる場合がありますので、ご相談ください。お子様のご来店もOKです。日程によりお受けできない日がありますのでご了承ください。
●席数 テーブル席12席
  • facebook
PAGETOP